腰の痛みのお悩みから解放されるためのガイドマップ

腰痛の種類を知る

ここでは腰の痛みの症状と原因をまとめて掲載しています。

腰の痛みの種類を知る

腰の痛みを改善するためには、痛みの原因を知ることから始める必要があります。

ある程度の年齢になると腰の痛みを「歳のせい」と考えてしまいがちですが、腰の痛みにはひと括りにできないほど、様々な原因があります。

中には早急に医師の診察を受けることが必要とされる症状もあるので、軽く考えずに先ず自分の痛みの原因が何かを調べることから始めましょう。

腰の痛みの症状と原因

一般的に「腰痛」と総称されている腰の痛みの原因には「加齢」「脊椎の異常」「筋肉・神経」「内蔵」「椎間板障害」などがあります。

また、外傷によるものや感染症、炎症によるもの、先天異常が原因のこともあります。

加齢が原因の腰の痛み

  症状 原因
変形性脊椎症 腰に鈍い痛みや強張りを感じます。立ち上がるときや寝返りで症状が強く表われることが多く、最初が最も痛く徐々に痛みが緩和していくことが特徴です。 椎間板の水分が減少して弾力がなくなることで、脊椎が変形して周囲の神経を刺激する。
脊椎骨粗鬆症 腰から背中にかけて痛みを感じることが多く、なかなか痛みが取れないことが特徴です。重症になると背が低くなったり丸く曲がることがあります。 骨の成分が抜けて骨量が減りスカスカの状態になるため、小さな力で圧迫骨折を起こします。
椎間関節症 朝の起床時に最も強く症状があらわれ、なかなか起き上がることができません。起き上がって活動を始めると、徐々に痛みを感じなくなります。 腰椎の関節の炎症。

脊椎が原因の腰の痛み

  症状 原因
脊椎分離症 腰に痛みを感じ、しばしば下肢に痛みや痺れが表われます。同じ姿勢を長く続けていると症状が強く表われる特徴があります。 椎弓(腰椎の後部)が骨折(断裂)して脊柱が不安定になるため起こる。
脊椎すべり症 脊椎分離症と同様の痛みで、下肢にも痺れや痛みが出ます。 椎骨の一部がズレて腹側に移動したため、神経を圧迫する。
脊柱管狭窄症 立ち上がって腰を伸ばすと痛みを感じます。長く歩くと腰から足の裏にかけて痺れや痛みの症状があらわれ、歩けなくなることもあります。 脊柱管の内径が狭まり、中を通っている神経や血管を圧迫することによって起こります。

筋肉や神経が原因の腰の痛み

  症状 原因
腰痛症 中腰でものを持ち上げようとしたときに突然発症するものは「ぎっくり腰」と呼ばれます。腰の痛みがあってもレントゲン写真からは異常の原因を断定することができません。前にかがんだり寒いところに長時間いるときに、症状が強く表われることが特徴です。重い痛みが続き、慢性化する場合もあります。 関節の筋肉や神経に強い負荷がかかったり、過度の緊張や疲労によって起こります。運動不足や肥満、ストレスによる血行不良で筋肉疲労を起こすこともあります。

内臓が原因の腰の痛み

内臓の疾患によって腰の痛みが症状として表われる場合もあります。内臓疾患が疑われる場合は、早急に医師の診断を受けるようにしてください。

疾患の種類 病名
泌尿器系疾患 腎臓結石、尿路結石、膀胱炎、腎盂炎、前立腺肥大症
消化器系疾患 胃潰瘍、胆石、胆嚢炎、胆管炎、十二指腸潰傷
循環器系疾患 腹部大動脈解難、閉塞性動脈硬化症
女性特有の疾患 子宮筋腫、卵巣膿腫、月経困難症
一般的な疾患 風邪、インフルエンザ

椎間板が原因の腰の痛み

  症状 原因
椎間板ヘルニア 腰から足の爪先にかけて、痺れや痛みが表われます。痛みで真っすぐに立てないことも多く、重症になると排尿障害を起こします。 弾力を失った椎間板の髄核が外に飛びだして、神経を圧迫することで起こります。加齢による場合と、運動や労働で過度の負荷が掛かった場合が考えられます。