腰の痛みのお悩みから解放されるためのガイドマップ

腰の痛みに良い4大成分を調査

ここでは腰の痛みを改善する効果が期待できるコラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸の4つの成分について、それぞれの特徴と腰の痛みを改善するメカニズムについて説明しています。

コラーゲン・グルコサミン…腰の痛みを和らげる成分たち

コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸が腰の痛みの改善に効果があると考えられているのは、この4種類の成分が人体の関節軟骨や腱、筋膜などの組織に豊富に含まれているためです。そしてどの成分も若いうちには多く、加齢とともに減少することが解っています。

4種の成分のうちコラーゲンだけはたんぱく質で、関節軟骨や腱、筋膜の大部分の組織を構成する元になっています。グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸の3種は全て糖で、コラーゲンの働きをサポートして関節の動きをスムーズにする潤滑油の働きをします。

サプリメントによって配合されている成分が異なるのは、腰の痛みなど関節の不具合を改善するために必要なものが何かを特定する根拠が異なるためです。加齢や運動によって摩耗したり損傷した関節軟骨の修復を目的とするなら、軟骨を修復・形成するコラーゲンの摂取が効果的でしょう。

また関節の動きの不具合がグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの潤滑成分の不足と考えるなら、それらを補給することを考えるのも不自然ではありません。

ここではコラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸それぞれの特徴を解説するとともに、経口摂取された場合にそれらが消化、吸収される仕組みについても考えてみました。

また「トピックス:どの成分を中心に取るべきか」では結論として、腰の痛みを改善するために最適と思われる成分の考察を行っています。